ジャンル:Clothing etc.

kakapo

2012年のブランド立ち上げ以来、kakapoは“シャツ”というプロダクトのうえで表現を続けてきました。『シラカミ』は光り輝くブナ林が描く稜線。『カナガワ』は動く新幹線から眺めた街の景色。歳を重ねても、心を彩る風景に袖を通してみませんか。初のオンライン開催ということで、ほぼアトリエでのみ取り扱いされていた生地も販売予定です!

◆ 自己紹介をお願いします!
日本国内の生産にこだわった、オリジナルテキスタイルブランドです。

プリント工場、織物工場、刺繍工場等、日本各地で、オリジナルの生地をつくり、そして何気ない日常の中に、ほんの少しのエッセンスとなるようなプロダクトを生産しています。

「流行やファッションに影響されて消耗するのではなく、世代を超えて10年後、20年後も愛され、使われるデザインをつくる」を念頭にものづくりを続けています。

◆ 新しいオンラインフェスティバル・布博への意気込みをお願いします!
これまでの布博以上に、多くの方へ発信できる機会になると思っています。オンラインだと、お客様が実際のものに触れられないというデメリットはありますが、じっくり考える時間が出来るというメリットがあると思いますので、考えるための情報をできるだけ丁寧に発信できればと思います。

定番商品はもちろんですが、この機会限定の受注商品なども企画中です。

◆ 今回販売する新作(もしくは限定作品)を教えてください!
kakapoの白シャツの型そのままに、スカートをつけた新しいワンピースです。


メンズシャツ着ているようで、、、でも女性らしいワンピース。
こちらは今年の新作生地の、“フルイマチ“、“シバフ“から生地を選んでいただいて、オーダーしていただく商品です。

◆ チケットを購入してくれたみなさんに、こんなバーチャル背景をプレゼント!

羽根木にあるkakapoのアトリエをバーチャル訪問してください!

◆ kakapo
Web site:http://kakapo.jp/
Instagram:@kakapo_textile
Facebook:@kakapo.textile

ジャンル:Clothing etc.

kashuka

“毎日使いやすくて楽しい”がコンセプトの「kashuka」は、シンプルな生地にゆったりとしたシルエットが特徴的。お洒落ながらも普段着として使えるように、家庭用洗濯機で洗えるのも素敵なポイントです。頻繁に身に着ける“ケ”の洋服だからこそお気に入りのものを探したいと思ったら、まずは kashuka をチェックしてみましょう!

◆ 自己紹介をお願いします!
透き通る感性と、ミニマムでルーズなシルエットを崩しすぎない絶妙なバランス感覚で取り込んだ、芯の通ったクールなスタイルの日常着。技術と手仕事を惜しみなく注ぎ込んだ、贅沢かつジェンダーレスなデザインが特徴。デザインから縫製まで一貫してアトリエと数名の信頼する縫子たちとで手掛けます。

◆ 新しいオンラインフェスティバル・布博への意気込みをお願いします!
オンラインでお会いできるのを楽しみにしております!

◆ 今回販売する新作(もしくは限定作品)を教えてください!


kashukaの定番アイテムをより楽しめて、日々の装いに新鮮さと変化をプラスしてくれるスパイスみたいな新作アイテムを作りました! 

◆ チケットを購入してくれたみなさんに、こんなバーチャル背景をプレゼント!

ミシン等の道具よりなにより大切な自分自身の手。感覚を大切に日々制作しています。

◆ kashuka
Web site:http://www.kashuka.com
Instagram:@_kashuka_
Facebook:@kashukamade

ジャンル:Clothing etc.

Canako Inoue

「Canako Inoue」のデザイナー・井上加奈子さんが生み出すテキスタイルには、日々を過ごす中で記憶に残った光景が、透明感のある色彩と美しい光としておおらかなタッチで表現されています。その衣服を身に纏えば、まるで澄んだ空気にそっと包み込まれるよう。ひとつひとつにタイトルがつけられたテキスタイルには、彼女の視点で見た景色が物語の断片のように表れています。

◆ 自己紹介をお願いします!
「Canako Inoue」は日々の些細な出来事に目を凝らし、のんびりとやわらかい視点で描くテキスタイル・アパレルブランドです。生活の中でほっと一息つき、今の自分を大切にして暮らすための洋服や小物をお届けします。

◆ 新しいオンラインフェスティバル・布博への意気込みをお願いします!
今回は新作の刺繍や植物染めのアイテムもお披露目する予定です。オンラインミーティングでのオーダー会も開催予定です。皆さまとオンラインでお会いできますことを楽しみにしております!

◆ 今回販売する新作(もしくは限定作品)を教えてください!
「猫と少女」のハンカチと、「犬と少女」の手ぬぐいをセットにした布博限定の特別セットです。

「猫と少女」のスカーフは女の人が猫を可愛がる場面。猫はきょとんとしているところを描きました。ハンカチとして、小さなスカーフとしてもお使いいただけます。



「犬と少女」手ぬぐいは犬と少女の図案を中央にシルクスクリーンで顔料プリント、今年の新作です。犬の中には朝顔を描きました。手ぬぐいの生地には伊勢木綿を使用しています。使い込むたびに糊が落ち、柔らかくなって風合いが増します。

◆ チケットを購入してくれたみなさんに、こんなバーチャル背景をプレゼント!

Canako Inoueの新しいテキスタイル「花冠」をバーチャル背景としてプレゼントします。子供の頃に編んだ花冠を思い出しながら描いた絵が、新しく刺繍の生地になりました。やわらかなオーガンジーに刺繍したものはサンプルで作ったものです。シンプルながらとても気に入っています。

◆ Canako Inoue
Address:東京都台東区小島2-9-10 台東デザイナーズビレッジ103
Web site:http://canakoinoue.com/
Instagram:@canakoinoue
Twitter:@canakoinoue
Facebook:@canakoinoue.info

ジャンル:Clothing etc.

木木

創作意欲を刺激する、手芸材料がそろうお店・木木。店主の蒔田良美さんは、なかでもラフィアという天然繊維に夢中になり、自身でも作品を手がけ、書籍を出版するまでに。今回の布博には、そんな質感豊かなラフィアで編んだイヤリングやネックレスなどの作品を中心に出展。ラフィアによる手芸の楽しさに触れられるキットや材料にも注目です!

◆ 自己紹介をお願いします!
神奈川県鎌倉市で「木木」という手芸洋品店を営んでおります。いろいろな素材をご紹介する中で、千葉県香取市で染色されているラフィア(ラフィア椰子の葉状繊維)と出会い、店内の掲示見本用にあれこれと作っているうちに、一番自分がのめり込んでしまい、2019年にラフィアを使った手芸本を出版する機会をいただきました。何が起こるか分からないなと身を持って実感しました。

◆ 新しいオンラインフェスティバル・布博への意気込みをお願いします!
2020年はまた別の意味でよく分からないことばかりですが、こつこつと作る時間が導いてくれることがあるような気がしています。このような状況の中でも、出来ることを探りながら思いを実現する手紙社さんに敬意を払うと共に、私も新しいことに挑戦して楽しく参加させていただきたいと思います。

◆ 今回販売する新作(もしくは限定作品)を教えてください!

「mi 耳飾り」
ラフィアの繊維を粒状に編んで繋ぎ合わせた耳飾りです。実は、本物のラフィアの実がちょうどこのような形をしています。小さいながらも強弱が出るように、細めのかぎ針と、もっともっと細いレース針を使ってまとめています。

「鳥のポーチ」
書籍でも掲載している鳥の小物入れを発展させて、刺繍や編み物で羽繕いをして彩りました。

「leaf ネックレス」
いろいろな緑を組み合わせて葉っぱを重ねたネックレスです。
夏の素材という印象の強いラフィアですが、軽さがあり、実際に長時間身に付けていても負担にならないので、季節問わず取り入れていただきたいです。これからの季節のニットとも相性が良いと思います。

◆ チケットを購入してくれたみなさんに、こんなバーチャル背景をプレゼント!

色とりどりのラフィアで編んだ小さな丸を花に見立てて並べました。いつでも、春の景色、春の気分を楽しめます!

◆ 木木
〒248-0014
神奈川県鎌倉市由比ヶ浜2-8-7 大野ビル101
0467-37-8206
Web site:http://ki-gi.info
Instagram:@kiginikki

ジャンル:Clothing etc.

salvia

グラフィックデザイナー・セキユリヲさんが描く図案をもとに、毎日の暮らしに寄り添う雑貨を生み出すブランド「salvia」。コンセプトとしている「古きよきをあたらしく」の言葉のとおり、国内の職人たちとともに古くから伝わる技術を生かしたものづくりをしています。使い心地や肌触りの良さなど、使う人への思いやりが詰まったsalviaのアイテムは長く大切に使いたいものばかりです。

◆ 自己紹介をお願いします!
サルビアは、衣・食・住などの暮らしのなかに、「こんなものがあったらいいな」をかたちにしていく活動体です。2000年にグラフィックデザイナー・セキユリヲの個人的なものづくりからはじまりました。

現在は、「古きよきをあたらしく」をテーマに、日本国内の伝統工芸や地場産業など、作り手たちのこだわりの技術を生かしたものづくりをしています。2010年、東京・蔵前にアトリエ兼ショールームを構えました。地域のお店とゆるやかにつながりながら、第1土曜日に開催の「月イチ蔵前」を立ち上げ、隅田川のほとりの眺めのよい空間で、月に一度、ものづくりと食のちいさなイベントを開いたり、サルビアアイテムの新作発表や受注会をしたり、アトリエを開放しています。「つくること」「つたえる」「つながる」ことを大切に人と人の縁が深まっていくような場になるよう、いまの暮らしに寄りそうことづくりの提案をしています。

◆ 新しいオンラインフェスティバル・布博への意気込みをお願いします!
今回はオンラインでお会いする形になりますが、「ふんわりくつした」や「ざっくり編みくつした」の新作など、ぜひ見ていただきたいアイテムをそろえてお待ちしております! 今回の布博限定で「缶セット」もお届け予定ですので、ぜひお楽しみに。

◆ 今回販売する新作(もしくは限定作品)を教えてください!
今年の新作は、「まわたでつくる はり山キット」です。

このキットには、はり山づくりに必要な「くるみ」、「まわた」、「刺繍生地」とはり山の作り方や「まわた」についてのお話を書いた冊子が入っています。「まわた」「刺繍生地」は、日本の職人さんの手によってつくられたもの。くるみも国産のものから、はり山に合うものをひとつ一つ選んでもらいました。まわたを手でほぐす過程もたのしんでもらえると嬉しいです。

◆ チケットを購入してくれたみなさんに、こんなバーチャル背景をプレゼント!

私たちのアトリエの風景をバーチャル背景としてプレゼントします。隅田川沿いにあるゆったりとしたアトリエの雰囲気をお届けできると嬉しいです。

◆ salvia
Web site:http://salvia.jp/
Instagram:@salvia_official
Twitter:@salvia_official
Facebook:@salvia.jp

ジャンル:Clothing etc.

trois temps

思わず手にとりたくなるような「trois temps」のアイテムは、一工程ずつ丁寧に織られた生地を使って作られています。デザイナー・藤野充彦さんが生み出す緻密な模様は、素材と手織りの美しさを最大限に引き出してくれます。目の一つひとつに空気を含み込ませるように織られた生地の軽やかな触り心地を体感してみてください。

◆ 自己紹介をお願いします!
吉祥寺のアトリエにて、生地から手織りで作っています。

◆ 新しいオンラインフェスティバル・布博への意気込みをお願いします!
オンラインショップでより多くの方に見ていただき、オンラインミーティングなど新しい試みでみなさんにお会いすることも楽しみにしています!

◆ 今回販売する新作(もしくは限定作品)を教えてください!


グログランを織り込んだ生地で作った巾着バッグです。口の部分を同じリボンでキュッと絞るとフリルが作れて可愛いフォルムになります。レザーの紐は斜めがけできる長さに設定していますが、自由に長さを調整してカットしても使えます。


コースターサイズの手織りBOX。簡単にタテ糸を準備出来てコースターサイズの織物が作れる織り機です。途中でも飾れるようになっているので空いている時間に少しずつマイペースに進めることはできます。

◆ チケットを購入してくれたみなさんに、こんなバーチャル背景をプレゼント!

色々な織り柄で作ったブローチのバーチャル背景です。trois tempsが大切にしている色と柄での遊びを楽しんでいただけると嬉しいです。

◆ trois temps
東京都武蔵野市吉祥寺北町3ー5ー8 1階
Tel:080-7004-2758
Web site:http://trois-temps.com
Instagram:@troistemps
Twitter:@troistemps123
Facebook:@troistemps3

ジャンル:Clothing etc.

hacu

愛知県江南市を拠点に、オリジナルデザインの靴下やテキスタイルデザイナーとコラボした靴下を制作する「hacu」。コーディネートに取り入れやすく愛らしいデザイン、さらにふっくらと足を包み込む履き心地の良さと、長く使える質の良さに「一度履いたら忘れられない!」と、日々リピーターが絶えません。今回の布博では、新作の先行発売もあり、必見です!

◆ 自己紹介をお願いします!
シンプルでちょっとかわいい 靴下を作っています
オリジナルの他に テキスタイル作家さんとのコラボソックスも販売しています

◆ 新しいオンラインフェスティバル・布博への意気込みをお願いします!
オンライン布博、緊張しますが 何事も前向きに楽しめたらと思っています。

◆ 今回販売する新作(もしくは限定作品)を教えてください!

テキスタイル作家ムラタトモコさんとコラボした靴下2種です。hacuでは来春21SSで販売を予定していますが、布博オンラインショップで先行販売をいたします。

◆ チケットを購入してくれたみなさんに、こんなバーチャル背景をプレゼント!

hacuのベビー御祝セットのラッピングに使用している掛け紙の柄を、バーチャル背景としてプレゼントします。ちぎり絵で描いた靴下が雲のようにふわふわと浮遊。その中でhacuのキャラクターであるhacuちゃんがにっこり笑っています。このバーチャル背景でほんわか優しい気持ちになっていただけたらうれしいです。

◆ hacu
愛知県江南市大間町新町67 
Tel:0587-55-5075
Web site:https://www.hacu.jp/
Instagram:@hacusan
Twitter:@hacu_kutusita
Facebook:@hacu89

ジャンル:Clothing etc.

POTTENBURN TOHKII

デザイナー・中島トキコさんの手がける「POTTENBURN TOHKII」。POTTENBURNとは“自分の中に潜むつぼ(pot)のなかの宇宙(天・ten)がバーンとはじけている(burn)”という意の造語。その溢れ出るイマジネーションは、新しい素材や組み合わせ、新しい型を次々に導き出しています。無機質なものを有機的な動きに写し取る作品は、一度気になったら新作を追わずにはいられなくなるはず!

◆ 自己紹介をお願いします!
「日常のナゾやギモンを服の上で、ポップでポジティブに問うてみる。解決してみる。」それがはじまり。中島トキコがデザイン・展開する東京のウエアブランドです。ホームセンターで見つけたネット(編み)素材からアイデアをスタートさせ、京都のメッシュ工場にてオリジナル生地を制作。素材の新しい可能性を作品の中に落とし込みます。

2018年 表参道スパイラル1F「Mina-to」ユニフォーム制作
2019年 「ほぼ日ひきだしポーチと」生地コラボレーション

◆ 新しいオンラインフェスティバル・布博への意気込みをお願いします!
オンラインでオリジナル素材の風合いや服のサイズ感をしっかりお伝えできるよう準備してまいります。ぜひweb上でワクワク楽しんでいただけると嬉しいです。

◆ 今回販売する新作(もしくは限定作品)を教えてください!

昼と夜の空をイメージした新作生地「SKY MESH」を使ったトップスとスカートが登場します。ひらひらした糸の立体的な表情を楽しんで頂けます。

◆ チケットを購入してくれたみなさんに、こんなバーチャル背景をプレゼント!

POTTENBURN TOHKIIのオリジナルメッシュを山のように並べてみました。この山、実はトップスを制作する際に裁断で余った、前身頃の首ぐり部分のハギレをひっくり返したものだったりします。山には転がりそうなピンポン玉をのせてみました。ぜひバーチャル背景にしてピンポン玉をつかんでもらえたら!

◆ POTTENBURN TOHKII
Web site: http://pottenburntohkii.com
Instagram:@pottenburntohkii
Twitter:@pottenburn
Facebook:@pottenburntohkii

ジャンル:Clothing etc.

MAITO/真糸

伝統的な染色技法である草木染めのブランド「MAITO/真糸」。自然由来の美しさをまとった糸づくりをベースに、天然素材とメイドインジャパンをコンセプトにしたものづくりを行っています。四季折々の植物から享受した色合いは、生活を共にするうちに、持ち主の身体へと馴染んでいきます。

◆ 自己紹介をお願いします!
天然の色、天然の素材にこだわり、人と自然にやさしいものづくりをしています。

◆ 新しいオンラインフェスティバル・布博への意気込みをお願いします!
今回は初めての試みとしてオンラインのワークショップを予定しております。普段は参加出来ない方にも草木染の魅力をお伝えできればと思います。

◆ 今回販売する新作(もしくは限定作品)を教えてください!
上質なシルクローンの生地を贅沢に使用したブラウスです。品のある艶感が特徴で、現在は直営店のみでの販売となり、オンラインでは布博で先行限定販売となります!

◆ MAITO/真糸
Web site:https://maitokomuro.com/
Instagram:@maito_design
Twitter:@maitojp
Facebook:@maito

ジャンル:Clothing etc.

makumo

形状も音色もわからない古い管楽器の名前が由来の「makumo」が手がけるのは、そんなイメージにぴったりの想像力を掻き立てる楽しいテキスタイル。福岡の海辺を拠点に福山みきさんと新木智太さんのコンビネーションで大胆かつユニーク、そしてモチーフがわかると嬉しくなってしまうような作品が生み出されています。力強い線と鮮やかな色彩がきっとあなたを元気にしてくれますよ!

◆ 自己紹介をお願いします!
「図案/製版」担当の福山みき、「染色/企画」担当の新木智太によるテキスタイルブランド。デザイン・染め付け・縫製を、海辺の小さなアトリエで行っております。イメージを形にする力をモットーに日々制作しています。

◆ 新しいオンラインフェスティバル・布博への意気込みをお願いします!
いろいろな場所から、気軽に参加できるオンラインフェスティバルで、お会いできるの楽しみにしてます。

◆ 今回販売する新作(もしくは限定作品)を教えてください!

「ケセランパサラン」というテキスタイル。嬉しい出会い、まさかの発見は、きっとそこら中にあふれていている。セレンディピティ。

◆ チケットを購入してくれたみなさんに、こんなバーチャル背景をプレゼント!

商品を作る際に出るハギレや、使わなくなったボタンや、レースの端切れなどを使った“アップサイクル”の「ポケットティッシュモンスター」。体の部分にポケットティッシュが入ります。

◆ makumo
Web site: http://makumo-textile.com
Instagram:@makumo.textile
Twitter:@makumon
Facebook:@makumo.textile