kissmi wakisaka

「飾れるアクセサリー」をコンセプトに、花をモチーフとしたアクセサリーを制作するkissmi wakisaka。幾重にも重なった花びらは、和紙やレースペーパーで一枚一枚丁寧に作られています。その佇まいは、長い時を経てきたアンティークのよう。クラシカルな装いに合わせたい逸品です。


 

A B O U T

 

◇ ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします

𦚰阪 希澄
2008年文化服装学院卒業。同年より8年間アトリエ染花にて染色やデザインに携わる。現在は自身のブランド、“kissmi wakisaka”を中心に、主に和紙を用いたアクセサリーのデザイン・製作を行っています。「飾れるアクセサリー」をテーマに、目にも美しい”飾り”としても楽しめるようなアクセサリー作りを心掛けており、展示やワークショップにも力を注いでいます。2019年には「紙で装う 野の花々」(文化出版局)を出版。

 

◇ 名古屋のお客様へのおすすめアイテムを教えてください。

ヤマアジサイのブローチや耳飾りがおすすめです。標高の高い山を散策しているときに見つけた植物のような、凛とした佇まいになるように作りました。

 


C O L L E C T I O N


◇ kissmi wakisaka
http://kis315.wixsite.com/kissmi
Instagram