udu

北欧織を中心に、時にフェルトなどの異素材や、染色の技法なども組み合わせて制作を行う、udu・イシカワアイさん。「udu(うづ)」とは、「ラブ」と文字の形が似ていることから創作した造語だそう。ブランド名からも感じられるような、自由な発想で生み出される彼女の作品は、まるで子どもの頃、画用紙の上に描いたクレヨン画のように伸びやかです。今回は実際に織りを体験できるワークショップもご用意くださるそう。大人も子どもも一緒になって、みんなで織りの楽しさに触れてみませんか?


 

A B O U T

◇ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします

北欧織を中心に、その時の人や場所、気分に合わせて様々な手法を生かした自由きままなハンドメイドのテキスタイルブランドです。いつまでも子ども心を忘れない、自由な発想のもの作りを目指しています。
 

◇udu・イシカワアイさんのアイテムのおすすめの使い方を教えてください

今回は色遊びが楽しい手織りのスツールとタペストリーを主に、染色した糸を使用した定番のアクセサリーもお持ちします。また会場ではuduの定番織りブローチワークショップも開催しますので、ぜひ織物体験もしにいらしてください。手軽に“自分の手作り”が身につけられる喜び! 味わっていただけたら嬉しいです。


 

◇udu
〒2030054東久留米市中央町1-1-46 アトリエ<紙と糸>uduの北欧手織教室
http://udutextil.com