okada mariko

これは刺繍なのだろうか? そう思わせるほど、緻密かつ繊細に紡がれるokada marikoの刺繍作品。縫うという行為を通して、自己と世界との繋がり、そして過去と未来、記憶を繋げる媒体として刺繍を用いています。わずかに色の違う糸を使ってまるで絵を描くかのように表現されるグラデーションや、鮮やかな色彩の美しさをぜひ会場でご覧ください。


 

A B O U T


  ◇ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします

刺繍を使って作品をつくるアーティストokada marikoです。絵を描くように刺繍することから、自分では「painting stitch」と呼んでいます。普段はギャラリーなどで個展や展示活動しています。当日はキャンバス作品の他、一点もののオリジナル刺繍ブローチやキットやハンカチ等のグッズも展開します。どれも手作業なので、ぜひお手に取って微妙な色合いや余韻を楽しんでください。
 


◇okada marikoさんのアイテムのおすすめの使い方を教えてください
キャンバス作品は日ごろ目にする場所に飾っていただくことはもちろん、個性が光るブローチは上着や帽子などお好きなところにつけて楽しんでください。

 


okada mariko

http://okadamariko.jimdo.com
http://www.instagram.com/okadamariko_paintingstitch